消費者金融の審査でデメリットになりやすいこと

消費者金融から借りることが出来るお金は、人によって違います。各利用者に対して審査を行って融資する金額が決められているので、状況次第ではほとんど貸してもらえない場合もあるのです。

 

融資額は収入額によって決められるという印象が強いかもしれませんが、他にもいろいろな情報に基づいて融資額は決定されます。その時に大きな要素になるのが他社からの借り入れで、もしも他の消費者金融からお金を借りている場合はやはりどうしても融資額が小さくなりやすいです。それどころか、そもそもお金を貸してもらえない可能性も充分にあります。

 

他社からの借り入れがあると、返済能力の低下と総量規制による融資額の上限という2つの懸念要素が出てきます。既に他から借りているということは、自社だけでなく他社への返済義務も負っているということです。また、新しく融資を行うことで総量規制をオーバーしてしまう可能性もあるので、消費者金融もこうした申し込み者の審査には慎重にならざるを得ません。

消費者金融の審査でデメリットになりやすいこと/おまかせ!消費者金融関連ページ

気軽に借りられるが…
消費者金融の審査について
後輩の行く末